婦人

薬剤師に相談しよう

お腹

お通じについての悩みは多くの人が持っています。人間として生きていくためには、便の排せつは重要な事です。排せつは、体内の健康維持にも深く関わってきます。便秘はその中でも数多くある悩みであると考えられます。ちゃんと便が排せつできなければ、お腹がはったり、痛くなったりして、普段の生活にも支障をきたします。便秘は特に女性に多い症状です。排便は通常毎日するものですが、腸の調子が良くなかったりストレスなどが原因となって、排便がなくなってしまうことがあります。3日以上排便がなかったり、残便感を感じる場合には便秘であると考えた方が良いでしょう。便秘の原因には、腸や大腸の動きが低下していることや、自律神経に異常があることなど様々なものがあります。便秘を防ぐためには、十分な水分補給やヨーグルトなどを食べることなどがオススメですが、それでも改善が見られない場合には、便秘薬を使うことが良いでしょう。

ドラッグストアや薬局に行くと、数多くの便秘薬があります。薬局によってそれぞれオススメの便秘薬があることでしょう。市販の便秘薬には、その症状に合わせて多くの種類が存在します。ドラックストアでは大きく分けて、調整剤としての便秘薬や、下剤としての便秘薬の二種類の便秘薬が販売されています。在中している薬剤師さんなどに症状を相談して、オススメの便秘薬を見つけることが大切です。そのオススメの便秘薬を飲むことで、体に負担をかけることなく改善できると考えられます。